NEWS GEISPO

    記事一覧

    【群馬コロナ】太田市で工場クラスター、従業員計42人感染 更に300人を検査 オミクロン株の可能性は…

    2021-12-5新型コロナウイルス
    外国人の人口比率が極めて高い(国籍60か国超)群馬県太田市の工場で新型コロナのクラスターが発生し、今日までに従業員計42人の感染が確認。全員が無症状、または軽症で、このうちワクチンを2回接種した人は29人、未接種は9人。県の検査でこのうち2人がデルタ株に感染していることが確認。県はさらに従業員ら300人を対象に検査を進める方針だが、オミクロン株の可能性は極めて低いとしている。同工場では先月下旬以降、従業員の感染が相次いでいる。

    記事を読む

    【お隣韓国】ウィズコロナで新規感染5300人超 重症、死者とも過去最多 教会ではオミクロン株集団感染か「780人検査」

    2021-12-5新型コロナウイルス韓国
    NHK含めたマスコミが連呼する恣意的表現が鼻につく「お隣の韓国」で、新型コロナウイルス新規感染者が5300人を超え、重傷者、死者ともに過去最多を更新。仁川のスンイ教会ではオミクロン株への感染が確認された30代男性の妻や知人など3人が礼拝に訪れていて、オミクロン株の集団感染の疑いで780人を検査。

    記事を読む

    【税金に群がるシロアリ】月100万円“文通費”改正見送り 自民、使途公開に難色=ネット「お小遣いを死守」

    2021-12-4政治
    自民党は国会議員に月100万円支払われる文書通信交通滞在費(文通費)の法改正案について、使途公開に反対する自民党は臨時国会での成立を見送る姿勢。これについてネットは「お小遣いを死守」と批判。吉村大阪府知事も「国民の税金に群がるシロアリだよ」と批判。

    記事を読む

    【オミクロン株命名】“中共の犬”WHO、中国忖度し2文字飛ばし 「XI」=「習」で=裏にテドロス事務局長か

    2021-11-28新型コロナウイルス中国
    新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」について、「WHO」が中国の習近平首席に忖度しているという主張が広がっている。変異株の発見順番では「Nu(13番目のギリシャ文字)」または「Xi(14番目のギリシャ文字)」が来なければならないが、14番目のギリシャ文字は「Xi」であり、中国の最高指導者である習近平(Xi Jinping)主席の英文名字(Xi)と同じであることから、“中共の犬”テドロス事務局長が忖度したのではとの見方。新型コロナウイルスの起源を明かす研究作業に対してもテドロス事務局長は否定的。

    記事を読む

    【緩い水際対策】オミクロンで第6波、デルタ株上回る強い感染力 10日間「停留」より入国拒否

    2021-11-28新型コロナウイルス
    新型コロナウイルスの新たな変異株を受けた水際対策の強化について、岸田首相はモザンビーク、マラウイ、ザンビアのアフリカ3カ国を加え9カ国にすると発表。指定国からの入国者を「停留」させるのは、これまで失敗を繰り返した水際対策と同じ。政府が「第6波」到来に警戒を強めているというなら、入国拒否の強い措置をとるべき。といっても、既にデルタ株からオミクロン株に置き換わっているなら、第3国経由で入ってくる可能性大か…。

    記事を読む

    【中抜き錬金術】子供に10万円給付、事務経費1200億円 橋下徹氏「いい加減にしろ!」

    2021-11-27政治
    岸田政権が決めた18歳以下の子どもへの10万円給付をめぐり、衆院予算委員会理事懇談会に出席した立憲民主党の後藤祐一氏は26日、現金5万円とクーポン5万円に分けて支給する事務作業にかかる費用について、財務省が約1200億円かかると説明したことを明らかにした。橋下徹弁護士は「何やってんだ日本の政治行政は!」、「いい加減にしろ!」と怒りのツイート。

    記事を読む

    【南ア・オミクロン株】WHO「懸念される変異株」に指定 アジアや欧州でも確認 尾見会長とは無関係

    2021-11-27新型コロナウイルス
    南アフリカで確認された新型コロナウイルスの新たな変異株について、世界保健機関(WHO)は「懸念すべき変異株」に分類。他の変異株と比べても感染力が高い恐れなどがあるとし、名称を「オミクロン株」と発表。ちなみに、尾身会長とは無関係。

    記事を読む

    【南アフリカ変異株】呑気な岸田政権、6か国対象に水際対策 既に香港まで来てるのに…いったい何度同じ過ちを繰り返すのか

    2021-11-26新型コロナウイルス政治
    南アフリカで新たな変異株が確認されたことを受けて、松野官房長官は南アフリカやその周辺のボツワナなど合わせて6か国を対象に水際対策を強化(ザルでは?)することを発表。この変異株は香港とボツワナでも南アフリカからの旅行者から検出のに、これで対策強化と言えるのか。ただでさえ海外で感染爆発しているのに外国人の入国緩和しようというのだから、この政府のバカさ加減には開いた口が塞がらない。新たな変異株はインド由来の変異ウイルス「デルタ株」よりも感染力が強く、免疫回避の恐れ。

    記事を読む

    【群馬コロナ】太田市で工場クラスター、従業員計42人感染 更に300人を検査 オミクロン株の可能性は…

    【群馬コロナ】太田市で工場クラスター、従業員計42人感染 更に300人を検査 オミクロン株の可能性は…

    外国人の人口比率が極めて高い(国籍60か国超)群馬県太田市の工場で新型コロナのクラスターが発生し、今日までに従業員計42人の感染が確認。全員が無症状、または軽症で、このうちワクチンを2回接種した人は29人、未接種は9人。県の検査でこのうち2人がデルタ株に感染していることが確認。県はさらに従業員ら300人を対象に検査を進める方針だが、オミクロン株の可能性は極めて低いとしている。同工場では先月下旬以降、従業員の感染が相次いでいる。
    Photo: 群馬・太田市の工場でクラスター発生 従業員計42人が感染
    出典: ANNニュース/yahoo
    2021年12月05日

    » 記事の続きを読む

     関連記事
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    【お隣韓国】ウィズコロナで新規感染5300人超 重症、死者とも過去最多 教会ではオミクロン株集団感染か「780人検査」

    【お隣韓国】ウィズコロナで新規感染5300人超 重症、死者とも過去最多 教会ではオミクロン株集団感染か「780人検査」

    NHK含めたマスコミが連呼する恣意的表現が鼻につく「お隣の韓国」で、新型コロナウイルス新規感染者が5300人を超え、重傷者、死者ともに過去最多を更新。仁川のスンイ教会ではオミクロン株への感染が確認された30代男性の妻や知人など3人が礼拝に訪れていて、オミクロン株の集団感染の疑いで780人を検査。 Photo: 韓国の新規感染5300人超で過去最多 重症、死亡も
    出典: テレ朝NEWS
    2021年12月04日

    » 記事の続きを読む

     関連記事
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    【税金に群がるシロアリ】月100万円“文通費”改正見送り 自民、使途公開に難色=ネット「お小遣いを死守」

    •  投稿日:2021-12-4
    •  カテゴリ:政治
    【税金に群がるシロアリ】月100万円“文通費”改正見送り 自民、使途公開に難色=ネット「お小遣いを死守」

    自民党は国会議員に月100万円支払われる文書通信交通滞在費(文通費)の法改正案について、使途公開に反対する自民党は臨時国会での成立を見送る姿勢。これについてネットは「お小遣いを死守」と批判。吉村大阪府知事も「国民の税金に群がるシロアリだよ」と批判。 Photo: 吉村大阪府知事
    出典: 東スポ/yahoo
    2021年12月03日

    » 記事の続きを読む

     関連記事
     カテゴリ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    【オミクロン株命名】“中共の犬”WHO、中国忖度し2文字飛ばし 「XI」=「習」で=裏にテドロス事務局長か

    【オミクロン株命名】“中共の犬”WHO、中国忖度し2文字飛ばし 「XI」=「習」で=裏にテドロス事務局長か

    新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」について、「WHO」が中国の習近平首席に忖度しているという主張が広がっている。変異株の発見順番では「Nu(13番目のギリシャ文字)」または「Xi(14番目のギリシャ文字)」が来なければならないが、14番目のギリシャ文字は「Xi」であり、中国の最高指導者である習近平(Xi Jinping)主席の英文名字(Xi)と同じであることから、“中共の犬”テドロス事務局長が忖度したのではとの見方。新型コロナウイルスの起源を明かす研究作業に対してもテドロス事務局長は否定的。
    Photo: WHOのテドロス事務局長。新型コロナウイルスの起源を明かす研究作業に対して、消極的と言われてきた。
    出典: WoW!Korea/yahoo
    2021年11月28日

    » 記事の続きを読む

     関連記事
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    【緩い水際対策】オミクロンで第6波、デルタ株上回る強い感染力 10日間「停留」より入国拒否

    【緩い水際対策】オミクロンで第6波、デルタ株上回る強い感染力 10日間「停留」より入国拒否

    新型コロナウイルスの新たな変異株を受けた水際対策の強化について、岸田首相はモザンビーク、マラウイ、ザンビアのアフリカ3カ国を加え9カ国にすると発表。指定国からの入国者を「停留」させるのは、これまで失敗を繰り返した水際対策と同じ。政府が「第6波」到来に警戒を強めているというなら、入国拒否の強い措置をとるべき。といっても、既にデルタ株からオミクロン株に置き換わっているなら、第3国経由で入ってくる可能性大か…。 Photo: 記者団に「変異株の発見については政府としても強い危機感を持って臨んでいる」と述べた岸田総理大臣(27日)
    出典: NHK
    2021年11月27日

    » 記事の続きを読む

     関連記事
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    【中抜き錬金術】子供に10万円給付、事務経費1200億円 橋下徹氏「いい加減にしろ!」

    •  投稿日:2021-11-27
    •  カテゴリ:政治
    【中抜き錬金術】子供に10万円給付、事務経費1200億円 橋下徹氏「いい加減にしろ!」

    岸田政権が決めた18歳以下の子どもへの10万円給付をめぐり、衆院予算委員会理事懇談会に出席した立憲民主党の後藤祐一氏は26日、現金5万円とクーポン5万円に分けて支給する事務作業にかかる費用について、財務省が約1200億円かかると説明したことを明らかにした。橋下徹弁護士は「何やってんだ日本の政治行政は!」、「いい加減にしろ!」と怒りのツイート。 Photo: 子ども10万円 現金とクーポンで事務費「900億円増」
    出典: 朝日新聞デジタル
    2021年11月26日

    » 記事の続きを読む

     関連記事
     カテゴリ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    【南ア・オミクロン株】WHO「懸念される変異株」に指定 アジアや欧州でも確認 尾見会長とは無関係

    【南ア・オミクロン株】「懸念される変異株」に指定 アジアや欧州でも確認 尾見会長とは無関係

    南アフリカで確認された新型コロナウイルスの新たな変異株について、世界保健機関(WHO)は「懸念すべき変異株」に分類。他の変異株と比べても感染力が高い恐れなどがあるとし、名称を「オミクロン株」と発表。ちなみに、尾身会長とは無関係。 Photo: 新変異ウイルス「オミクロン株」 懸念される変異株に指定 WHO(新型コロナウイルス対策の技術責任者を務めるバンケルコフ氏)
    出典: NHK
    2021年11月27日

    » 記事の続きを読む

     関連記事
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    【南アフリカ変異株】呑気な岸田政権、6か国対象に水際対策 既に香港まで来てるのに…いったい何度同じ過ちを繰り返すのか

    【南アフリカ変異株】呑気な岸田政権、6か国対象に水際対策 既に香港まで来てるのに…いったい何度同じ過ちを繰り返すのか

    南アフリカで新たな変異株が確認されたことを受けて、松野官房長官は南アフリカやその周辺のボツワナなど合わせて6か国を対象に水際対策を強化(ザルでは?)することを発表。この変異株は香港とボツワナでも南アフリカからの旅行者から検出のに、これで対策強化と言えるのか。ただでさえ海外で感染爆発しているのに外国人の入国緩和しようというのだから、この政府のバカさ加減には開いた口が塞がらない。新たな変異株はインド由来の変異ウイルス「デルタ株」よりも感染力が強く、免疫回避の恐れ。
    Photo: 南アフリカなど6か国対象 水際対策強化 新たな変異株確認で
    出典: NHK
    2021年11月26日

    » 記事の続きを読む

     関連記事
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    ブログ概要
    政治・社会・新型コロナウイルスを中心としたニュースまとめと備忘録です。掲載の引用記事及び画像の著作権は、各権利所有者に帰属しております。問題がある場合はお手数でも、[コメント]ではなく[メッセージ]からお願い致します。確認後、早急に対応させていただきす。不適切なコメントは削除させていただきますのでご理解下さい。
    にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(政治・社会)へ
    サイト内検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文


    タグ絞り込み検索