東京都のタグ記事一覧


    タグ:東京都

    東京都のタグが付いた記事一覧。政治,社会,経済,スポーツなどを中心としたニュースまとめ
    【東京江東】アポ電強盗、20代男3人逮捕 決め手は防犯カメラ=類似事件の関連を捜査

    2019-3-13社会
    東京都江東区のマンションで無職の加藤邦子さん(当時80歳)が「アポ電」の後に手足を縛られ死亡した事件で、警視庁捜査1課は13日、住所不定、無職の須江拓貴容疑者(22)、川崎市の土木作業員、小松園竜飛容疑者(27)、住所不定、無職の酒井佑太容疑者(22)の3人を逮捕。調べに対し3人は「身に覚えがない」などと供述しているもよう。逮捕の決め手は防犯カメラ捜査で、警察は類似の「アポ電強盗」との関連を捜査。

    記事を読む

    【東京江戸川】公園のカルガモ捕獲、ベトナム人技能実習生を書類送検「日本の食事、口に合わず」=住民「文化の違い」

    2019-3-2社会
    東京都江戸川区の公園や河川敷などで住民から愛されていたカルガモ2羽を食用目的に捕獲したとして、警察はベトナム人技能実習生の男(32)を書類送検。男は「日本の食事が合わず、自分で調理しようと思った」と容疑を認めているという。住民は「日本人には考えられない」「文化の違いがある」と落胆…。ネットでは「文化の違いで済ますな!」や、自民党による移民政策で同様の事件が多発することを危惧する声。

    記事を読む

    【北海道庁が嘘】液体ミルク「使用自粛要請」文書判明  被災地に送付=道庁「使用自粛要請ではない」と説明

    2018-10-6社会自然災害
    北海道胆振東部地震の被災地で、東京都が提供した「乳児用液体ミルク」がほぼ全量放置されている問題。「道が使用自粛要請」と報じた北海道新聞の記事を道は「使用自粛の要請ではない」と否定したが、道庁が被災地に送付した「液体ミルクの使用自粛を呼びかけた文書」をハフポスト日本版が入手し公開した。文書冒頭にはハッキリと「使用しないよう住民・関係者へ呼びかけをお願いします」との文言がアンダーラインで強調。安平町では「キケン!飲むな!」と張り紙がされていた。「使用自粛の要請ではない」とする道庁の説明の整合性が問われることになりそうだ。

    記事を読む

    【キケン!飲むな!】北海道安平町、支援の液体ミルクに張り紙 倉庫に放置=小池都知事が会見

    2018-9-29社会自然災害
    北海道地震で東京都が支援した乳児用液体ミルク計1050本のほぼ全量が放置されている問題で、安平町では「キケン!飲むな!」と張り紙がされていたことが判明。町の担当者は「道からの説明を受け、誤って提供されないようにした」と説明。これを受け東京都の小池知事は「ストレスで母乳が出なくなるお母さんもいる、これを機に知ってもらい、いざという時に活用してほしい」と訴えた。

    記事を読む

    【乳児用液体ミルク】北海道、都に支援要請しながら使わず「とても住民に提供できる物ではない」=北海道地震

    2018-9-23社会自然災害
    北海道地震発生後、北海道の要請で東京都から胆振管内厚真町など5町に提供された乳児用の液体ミルク1050本のほぼ全量が、住民に周知されぬまま保管されていることが判明。北海道災害対策本部などの職員が、胆振、日高両総合振興局や道立保健所に対し「使用を控えるよう」にと連絡したという。専門家は「災害時は、製造段階で滅菌されている液体ミルクの方が粉ミルクよりも安全」と指摘。厚生労働省は今年8月、原材料や添加物の使用基準、滅菌方法など、液体ミルクの規格基準を定めて国内での製造・販売を解禁している。公務員の「役人根性」にネットで批判の声も。

    記事を読む

    【東京品川】食材会社「由起食品」 学校給食に期限切れ鶏肉出荷 最長4カ月超=3年以上前から格安で

    2018-8-8食の安全
    東京・品川区にある学校給食向けの食材会社「由起食品」が、冷蔵保存用の賞味期限が切れた冷凍鶏肉を、3年以上前から都内の小中学校に格安で出荷していたことが判明。同社関係者は「冷蔵用の賞味期限を3~4カ月過ぎた鶏肉を出荷することもあった」と証言。消費者庁は「賞味期限切れの疑いが強く、不適切。把握すればやめるように指導する」と、相変わらずのお役所仕事。

    記事を読む

    【東京】荒川工業高校副校長を逮捕 酩酊女性にホテルでわいせつ容疑

    2018-8-6社会
    今年5月、東京都足立区内の路上に酩酊状態で座り込んでいた40代女性を埼玉県八潮市内のラブホテルに連れ込みわいせつ行為をした疑いで、東京都立荒川工業高校副校長の奥沢稔容疑者(59)=足立区花畑4丁目=を逮捕。奥沢容疑者は容疑を認めた上で「我慢できなかった」などと供述、7月18日から病気を理由に休んでいるという。

    記事を読む

    【肺がん検診見落とし】杉並「河北健診クリニック」 他の44人も要精密検査

    2018-7-18社会
    東京杉並区が区民の検診を丸投げしている「河北健診クリニック」が、40代女性に肺がんの疑いがあったにもかかわらず検査で3度も見落とし、女性が先月死亡した重大事案。同クリニックを運営する河北医療財団は17日午後、会見を開いて見落としの事実を認め謝罪。また、平成26年以降に肺がん検診を受けた人たちの検査の画像を改めて調べたところ、亡くなった女性のほかにも44人について改めて精密検査の必要があるとして受診を呼びかけた。死亡した女性は、14、15年にも同クリニックで職場の成人健診を受け胸部X線画像に影が出ていたが、専門医がこれを乳首と誤って「異常なし」と判定。

    記事を読む

    【東京杉並】「河北健診クリニック」 がん検診3度見落とし 40代女性死亡

    2018-7-17社会
    東京都杉並区高円寺南4丁目の「河北健診クリニック」で、40代女性に肺がんの疑いがあったにもかかわらず、4年前から複数回の検査で「異常なし」と判断していたことが判明。女性は6月に死亡。このクリニックは女性が平成26年と27年に会社の健康診断で胸のエックス線検査を受けた際に腫りゅうのかげが映り、肺がんの疑いがあったにもかかわらず「異常なし」と判断。今年1月に行われた区の肺がん検診でも再び「異常なし」と判断。今年4月、女性が呼吸困難で別の医療機関に救急搬送された際に検査でしこりがみつかったため過去の画像を確認したところ、見落としが判明したという。

    記事を読む

    【東京目黒】首都高大橋JCT 中央分離帯に軽自動車突っ込み大破 23歳女性死亡

    2018-7-11社会
    東京・目黒区の首都高速中央環状線内回りの大橋JCT付近で10日午後8時半頃、男女4人が乗った軽自動車がコンクリートの分離帯に突っ込み大破し、運転していた埼玉県の中村美里さん(23)が死亡した。同乗していた中村さんの息子とみられる5歳の男児を含む他の3人も軽傷とのこと。

    記事を読む

    ブログ概要
    社会・経済を中心に気になるニュースのまとめブログです。掲載の引用記事及び画像の著作権は、各権利所有者に帰属しております。問題がある場合はお手数でも、下にある[メッセージ]からお願い致します。確認後、早急に対応させていただきす。相互RSS・相互リンクも募集中です。不適切なコメントは削除させていただきますのでご理解下さい。
    にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ニュース)へ


    サイト内検索


    最新コメント


    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    アクセスランキング
    Copyright © NEWS GEISPO All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

    • ライブドアブログ