パワハラのタグ記事一覧


    タグ:パワハラ

    パワハラのタグが付いた記事一覧。政治,社会,経済,スポーツなどを中心としたニュースまとめ
    【現代版奴隷制度】「生きてるだけで迷惑」女性自死、社長を提訴= 5分おきにLINEで「起きてます」送れと命令

    2018-10-18社会
    アニメや漫画、ゲーム業界の求人広告会社と業務委託契約を結んで働いていた女性(当時30)が自死に追い込まれたのは社長のパワハラが原因だなどとして、女性の遺族や元同僚の男性2人が、同社と社長に計約8800万円の損害賠償や未払い賃金の支払いを求め東京地裁に提訴。社長から深夜・早朝に呼び出され、5分ごとにLINEで「起きてます」と送るよう命じられたこともあったという。代理人の弁護士は「借金で縛り付けて馬車馬のような形で働かされるという関係がパワハラで問題だ」と語った。

    記事を読む

    【岩手矢巾】不来方高バレー部員自死 顧問「頭に脳みそ入ってるのか」=父親、刑事告訴も検討

    2018-10-15社会
    岩手県立不来方(こずかた)高校(紫波郡矢巾町)の男子バレーボール部に所属していた3年生の生徒が、7月3日に自ら命を絶った。生徒の父親(51)は記者会見で、県教委から遺族に伝えられた調査結果の一部を明らかにした。生徒はバレー部顧問の男性教諭(40)から、「頭に脳みそ入っているのか」などの暴言を受けていたという。父親は「遺書の内容から因果関係は明らか。教員として許されない言動だ」と訴え、刑事告訴も検討。また、現在も仙台高裁で係争中の男性教諭に部活動の指導を続けさせた県教委の対応についても批判した。

    記事を読む

    【松本人志名言】「死んだらかばう風潮すごく嫌」 大本萌景さんの死で持論=ワイドナショー

    2018-10-14エンタメ
    「愛の葉Girls」の大本萌景さん(当時16)の遺族が所属事務所を相手に損害賠償を求めている裁判を、フジテレビ系「ワイドナショー」が特集。松本人志さんは「死んだらみんながかばってくれる風潮がすごく嫌」「死んだら負けということをもっと教えるべき」と持論を展開。大本萌景さんが死を選んだ原因は一つじゃなく、「水がコップからあふれ出るように…複合的なことが重なって許容範囲を超えちゃって」との見解を示した。ネットでは「正論過ぎ」との声も。

    記事を読む

    【精神的圧力】大本萌景さん、「制裁」罰金で家族に相談できず=平均報酬は3万5千円

    2018-10-13エンタメ社会
    愛媛の農業アイドル「愛の葉Girls」のメンバー、大本萌景さん(当時16)が自ら死を選んだのは事務所「hプロジェクト株式会社」のパワハラなどが原因だとして、遺族が損害賠償を求め松山地裁に提訴。代理人弁護士は“制裁・罰金”を記載した契約書の存在をあげ、「契約書が精神的な圧力を与える内容で、萌景さんは家族にも相談できなくなった可能性がある」と指摘。萌景さんの報酬は月平均3万5千円で、過去に何らかの罰金を取られたことがあったという。事務所の佐々木貴浩代表取締役は「パワハラを行った事実はない」「罰金はプロ意識を持って欲しかった」と反論。

    記事を読む

    【辞めるなら1億円払え】hプロジェクト・佐々木貴浩社長が反論「想像つかない」=パワハラを否定

    2018-10-12エンタメ社会
    農業アイドル「愛の葉Girls」のメンバーだった大本萌景さん(当時16)がパワハラや過重労働を苦に今年2月に自ら死を選択した件で、遺族が提訴前に会見。母幸栄さんと姉可穂さんは「ただただ真実を知りたい」「妹は稼ぎの道具だったのか」と訴えた。一方、萌景さんに「辞めるなら1億円払え」と言ったと報道された所属事務所・hプロジェクトの佐々木貴浩社長は会見で、「想像つかない…萌景ちゃんが言ったとも考えられない」とパワハラを否定。「愛の葉Girls」は18年6月1日からイベント会社「株式会社フィールド愛の和」に事業譲渡され活動再開。

    記事を読む

    【愛媛松山】農業アイドル「大本萌景」さんの死、遺族が所属事務所を提訴へ=背景にパワハラ「辞めるなら違約金1億円」

    2018-10-11社会エンタメ
    愛媛県松山市を拠点に活動する農業アイドル「愛の葉Girls」の大本萌景さん(16)が自ら死を選んだのは、不適切な労働環境やパワハラ行為などが原因として、両親ら遺族4人が所属会社などを相手取り損害賠償を求める訴えを松山地裁に起こす。遺族側は、「会社側は大本さんが未成年なのに過密スケジュールで働かせ、学業よりも仕事を優先するよう強要した」と指摘。大本さんが辞めたいと伝えた際には、社長からLINEで「辞めるなら違約金として1億円払え」と言われたという。

    記事を読む

    【DV夫婦の構図】「暴力と抱擁」で宮川選手を支配した「速見コーチ」 二重契約、金銭トラブルも浮上

    2018-9-12スポーツ
    体操女子の宮川紗江選手は速見コーチによる暴行映像報道に、「私の叩かれている姿を許可もなく全国放送された」と怒りのコメントを出したが、タレントのフィフィ(42)はツイッターで「完全にDVカップルの構図」などと批判。また、デイリー新潮は宮川選手が8月まで所属していた体操教室の報告書を元に、「暴力と抱擁=アメとムチの使い分けはDV夫が妻を支配する構図にも通じるものがある」と指摘した。宮川選手をめぐる騒動の元凶は速見佑斗コーチ(34)その人であり、彼の暴力がなければ「パワハラ騒動」など起きようがなかった。塚原夫妻と協会内の問題とは別なのだ。

    記事を読む

    【マインドコントロール】速見佑斗氏、“暴力と抱擁”で宮川を洗脳か 世論に変化

    2018-9-8スポーツ
    体操女子の宮川紗江が暴力を振るわれた速見佑斗コーチを責めず、日本体操協会の塚原千恵子女子強化本部長らによるパワハラを告発した問題。マスゴミの情報操作やオツムの軽い元体操選手の影響で塚原夫妻への批難の声が集まる中、速見氏が宮川に行った暴力の映像がフジテレビ「バイキング」で公になるとその論調に変化。『宮川を殴り、そして抱きしめる』という目に余るハラスメントの実態を示したもので、“暴力と抱擁”はマインドコントロールの典型。弁護士は「指導とか愛のムチのレベルを超えて暴行罪が成立しうるレベル」と語った。

    記事を読む

    【裏取引?】速見佑斗元コーチ、仮処分申し立て取り下げ 懲戒処分受け入れ=「謝罪文」も発表

    2018-8-31スポーツマスコミ
    体操女子の宮川紗江(18)への暴力で資格停止処分となった速見佑斗元コーチが31日、東京地裁に行っていた地位保全の仮処分申し立て取り下げを発表。また一連の騒動についての謝罪文を公表、協会からの懲戒処分を受け入れると表明した。これに対しワイドショーに出演のコメンターは「宮川紗江への裏切り」や「協会に屈した」、「裏取引があったのか」などと言いたい放題。塚原光男副会長や塚原千恵子女子強化本部長への集中砲火を狙っていたマスコミとしては、想定外の展開か。果たして宮川紗江選手の立場は…。

    記事を読む

    【逆告発】体操・宮川紗江、塚原本部長夫妻のパワハラ訴え=ウルトラCの爆弾投下

    2018-8-30スポーツ
    体操女子の宮川紗江選手(18)が29日、体操協会による速見佑斗コーチ(34)への無期限登録抹消処分に疑義を示した問題で会見。冒頭で宮川は日本協会の塚原千恵子・女子強化本部長や夫で日本協会副会長の塚原光男氏の「パワハラ」を名指しで逆告発。日本体操協会は緊急記者会見で「今回の問題とは一切、関係のないこと。速見氏の暴力行為を認定して処分を下した」と説明。宮川が提出した文書(21日)には「第三者による何らかの意図が働いていたと推認せざるを得ません」と記されていて、「協会」vs「速見コーチ&宮川サイド」との確執が浮上。

    記事を読む

    ブログ概要
    社会・経済を中心に気になるニュースのまとめブログです。掲載の引用記事及び画像の著作権は、各権利所有者に帰属しております。問題がある場合はお手数でも、下にある[メッセージ]からお願い致します。確認後、早急に対応させていただきす。相互RSS・相互リンクも募集中です。不適切なコメントは削除させていただきますのでご理解下さい。
    にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ニュース)へ


    サイト内検索


    最新コメント


    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    アクセスランキング
    Copyright © NEWS GEISPO All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

    • ライブドアブログ