自然災害のカテゴリ記事一覧


    カテゴリ:自然災害

    自然災害のカテゴリ記事一覧。政治,社会,経済,スポーツなどを中心としたニュースまとめ
    【西日本豪雨】高速、47カ所でのり面や橋崩落 物流影響、コンビニ休止相次ぐ

    2018-7-9自然災害
    西日本を中心とした豪雨で、西日本高速道路管内では福岡県や広島県など9つの府県合わせての47カ所で、のり面や橋の崩落などの被害が確認。NEXCO西日本によると、うち7カ所は復旧までに相当な時間がかかるという。また、大雨の影響で中国地方や四国でスーパーやコンビニの営業休止が相次ぎ、食料品や生活必需品など物資の不足が問題化している。

    記事を読む

    【西日本豪雨】88人死亡 4人重体 58人不明 佐賀県南部で震度3地震=土砂災害に警戒を

    2018-7-9自然災害
    西日本を中心とした記録的豪雨の被害が広がっている。気象庁が発表していた大雨特別警報は全て解除されたが、各地で土砂災害や住宅への浸水が起きていて3万人以上が避難している。NHKがまとめた9日午前0時半現在の人的被害は、全国で88人が死亡、4人が意識不明の重体、58人の安否が不明。また佐賀県南部で3時53分、震度3の地震があった。土砂崩れなどに警戒して下さい。

    記事を読む

    【福岡筑紫野】女性、老犬救助中に土砂崩れ…最後のメール「犬を助けたい」=九州豪雨

    2018-7-8自然災害
    福岡県筑紫野市原田の水路で7日午前、女性が心肺停止状態で見つかり死亡が確認された。女性は同県筑紫野市の山中にある老犬保護施設で十数年間、ボランティアをしていた山崎ツギ枝さん(68)で、老犬4匹の世話のため毎日のように宇美町の自宅から通っていた。6日午後3時前、山崎さんから知人女性に「犬小屋の地盤が崩れ、土砂崩れに巻き込まれた」とメールがあった。その後、「どうにかして犬を助けたい」と記した午後3時半頃のメールを最後に連絡が途絶えたという。筑紫野消防署によると、駆け付けた消防隊員の目の前で土砂崩れに巻き込まれたという。

    記事を読む

    【西日本豪雨】政府、非常災害対策本部設置 ネット「遅すぎでは?」

    2018-7-8自然災害政治
    政府は、西日本を中心に記録的な大雨で各地で大きな被害が出ていることから、8日午前8時に「非常災害対策本部」を設置。設置されるのは一昨年4月の熊本地震以来。これに対しネットでは「いくら何でも遅すぎだろう」「もっと早く設置は出来なかったのか」「東京に被害がない時は対応が遅いですね」などと非難の声も。

    記事を読む

    【岐阜 特別警報】関市津保川 氾濫危険水位超える 「記録的短時間大雨情報」発表

    2018-7-8自然災害
    岐阜県関市を流れる津保川は午前2時10分、市内の下之保観測所で「氾濫危険水位」を超え洪水の危険性が非常に高まっているとして、県と気象庁が警戒を呼びかけている。また、これまでの雨で数十年に一度しかないような災害が差し迫っているとして、岐阜県に大雨の特別警報を発表。福岡県、佐賀県、長崎県、広島県、鳥取県、岡山県、兵庫県、それに京都府に出されていた大雨の特別警報は解除されたが、各地で河川の氾濫や土砂災害の危険性が高い状態が続いている。

    記事を読む

    【岡山総社】「朝日アルミ産業」で爆発、浸水で原料反応か 国道では「複数の人が流された」との情報=大雨特別警報

    2018-7-7社会自然災害
    大雨特別警報が発表された岡山県総社市で6日午後11時30分頃、金属加工会社「朝日アルミ産業」で爆発が起き、周辺の民家や倉庫も複数燃えているとの情報があるほか、広範囲にわたり建物の屋根や窓、ドアが破損。複数のけが人が出ているもよう。県警は工場が浸水し、原料と反応して爆発した可能性があるとみて調べている。また、総社市日羽の国道180号線で「複数の人が流された」という通報が消防に寄せられ、詳しい状況の確認を進めている。

    記事を読む

    【大雨特別警報】福岡県、佐賀県、長崎県 「数十年に一度の大災害の恐れ」=最大級の警戒呼びかけ

    2018-7-6自然災害
    気象庁は6日夕方、福岡県、佐賀県、長崎県に大雨の特別警報を発表。気象庁は「数十年に一度しかないような災害が差し迫っている」として、土砂災害や川の氾濫、浸水に最大級に警戒するとともに、周囲の状況を確認し直ちに安全を確保するよう呼びかけている。「特別警報」とは、「警報」の発表基準をはるかに超える数十年に一度の大災害が起こると予想される場合に発表、対象地域の住民に対し最大限の警戒を呼びかけるもの。

    記事を読む

    【大雨警戒情報】近畿3府県 15万人に避難指示  土砂災害や河川氾濫に警戒

    2018-7-6自然災害
    活発な前線の影響で激しい雨に見舞われている京都、大阪、兵庫3府県で、計約15万人に避難指示。交通機関が大きく乱れ、京都市を流れる桂川や鴨川をはじめとした河川で氾濫の恐れが出ている。激しい雨は8日頃まで続く見込みで、気象庁は土砂災害や河川の増水に警戒を呼びかけている。

    記事を読む

    【台風7号北上】北海道で記録的大雨、石狩川氾濫 九州北部から西日本で大雨警戒

    2018-7-3自然災害
    台風7号の北上で梅雨前線の活動が活発になり、記録的大雨になっている北海道では石狩川をはじめとする河川の氾濫や土砂崩れの被害も出ている。台風はこの後も暴風域を伴いながら北上を続け、発達した雨雲がかかる九州や西日本では4日にかけて非常に激しい雨が降り、特に九州北部では3日夜にかけて局地的に1時間に80ミリの猛烈な大雨となるおそれ。気象庁は土砂災害や川の氾濫などに警戒するよう呼びかけている。

    記事を読む

    【九州大雨】福岡に記録的短時間大雨情報、土砂災害に厳重警戒 台風7号も発生=メディアはW杯一色

    2018-6-29自然災害
    活発な前線により雨雲が発達し、29日昼前にかけて福岡県や長崎県で局地的に1時間に100ミリを超える猛烈な雨を観測。福岡県川崎町付近では午前7時までの1時間におよそ110ミリの猛烈な雨が降り、気象庁は記録的短時間大雨情報を発表。土砂災害や低い土地の浸水、川の氾濫に厳重に警戒するよう呼びかけ。また、29日午前、日本の南の海上で台風7号が発生、30日から7月1日にかけて沖縄地方に近づいたあと、2日(月)には九州北部に最接近する予想。福岡県内で記録的短時間大雨情報が発表されるのは、去年7月の九州北部豪雨以来。命を守る行動をとって下さい。ご無事を祈ります。

    記事を読む

    ブログ概要
    社会・経済を中心に気になるニュースのまとめブログです。掲載の引用記事及び画像の著作権は、各権利所有者に帰属しております。問題がある場合はお手数でも、下にある[メッセージ]からお願い致します。確認後、早急に対応させていただきす。相互RSS・相互リンクも募集中です。不適切なコメントは削除させていただきますのでご理解下さい。
    にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ニュース)へ


    サイト内検索


    最新コメント


    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    アクセスランキング
    Copyright © NEWS GEISPO All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

    • ライブドアブログ