中国のカテゴリ記事一覧


    カテゴリ:中国

    中国のカテゴリ記事一覧。政治,社会,経済,スポーツなどを中心としたニュースまとめ
    【安田純平 身代金】カタール迂回で3億円超か 政府関係者「やり方はいろいろある」

    2018-10-24政治中国
    自称ジャーナリスト安田純平さん解放に関し、民間団体「シリア人権監視団」は「カタールが身代金約3億3700万円(日本円)を支払ったと主張。菅義偉官房長官は政府は首相官邸直轄の「国際テロ情報収集ユニット」の成果をアピールすると同時に身代金支払いを否定したが、政府関係者は「やり方はいろいろある」とし、「日本が何らかの形でカタールに報いることを前提にカタールが身代金を支払った」可能性を指摘。カタールを迂回した日本政府による身代金支払いを示唆した。

    記事を読む

    【ICPO総裁不明】中国でNHKニュース中断 画面が突然真っ黒=共産党に都合の悪い情報は遮断

    2018-10-7中国
    国際刑事警察機構(ICPO)の孟宏偉総裁が中国に一時帰国後に行方不明になっている問題で、中国でこれを報じていたNHK国際放送の画面が突然真っ黒になり放映が中断。外国のテレビ局の放送内容を監視している中国当局が放送を遮断か。中国当局は以前から天安門事件やチベット大虐殺事件など、共産党にとって都合の悪い問題を海外メディアが報じると放送を遮断してきた。

    記事を読む

    【中国市場撤退】スズキ、「長安自動車」と提携解消…インドに集中=電気自動車巡る規制強化も要因か

    2018-6-19経済中国
    20年以上にわたって中国で乗用車生産を行ってきた「スズキ」が、中国での現地生産から全面撤退する方針を固め協議に入ったという。ただ、中国での事業撤退は設立より難しいことが指摘されていて、協議は難航する可能性も…。「スズキ」は高いシェアを持つインド市場に経営資源を集中する狙いがあるとみられるが、EVシフトが加速する中国向けのEVを開発していない事情も背景にあるとみられる。

    記事を読む

    【国保タダ乗り】外国人、入国制度の盲点突き医療費食い物=高額治療終わればすぐ帰国

    2018-5-22社会中国
    中国人が日本で病気の高額治療を行う「医療ツーリズム」が急増する中、外国人による国民健康保険の「タダ乗り問題」について「週刊現代」が報道。医療目的を隠して「留学ビザ」や「経営・管理ビザ」で入国し、日本の公的保険制度を使い日本人と同じ「3割負担」で高額治療を受けるケースが続出。そして治療が終わればすぐ帰国…。問題の根底には、外国人に対してバカが付くほどの「お人好し制度」もあるという。国民年金同様、「バカらしいから払わない」という人が増えたら医療制度破綻は待ったなし。

    記事を読む

    【中国闇サイト】日本人の個人情報2億件が販売 日本を狙ったサイバー攻撃の恐れ

    2018-5-17中国社会
    中国語の闇サイト(ダークウェブ)で、日本人のものと見られる延べ2億件のメールアドレスとパスワードなどが販売されていたことが判明。この中には企業や中央省庁のもののほか個人の携帯メールやフリーメールなどが含まれ、過去に国内の通販サイトやオンラインゲームなどから漏えいしたデータを集めて販売している可能性。情報セキュリティー企業「ファイア・アイ」は、日本を狙ったサイバー攻撃の恐れがあるとして注意を呼びかけ。

    記事を読む

    【売国年金機構】データ入力業務、別の中国企業と随意契約=「時間ない」入札せず

    2018-5-6社会中国
    日本年金機構から年金受給者のデータ入力業務を委託された情報処理会社「SAY企画」が、契約に反して中国の業者に再委託していた問題。機構は「SAY企画」と契約を打ち切った後、別の中国企業に同業務を委託していたことが判明。機構は「時間がない」を理由に入札を行わず、随意契約を結んだという。問題の中国企業は社長以下役員全員が中国人。機構は国民には脅しをかけて強制徴収しながら、テメエらは職務怠慢を超えた売国稼業。ネットでは「全員懲戒免職処分のうえ財産没収せよ」などと非難殺到。

    記事を読む

    【中国に忖度】吉祥寺駅事件、重体男性死亡もマスコミは極小扱い=中国籍の男、「傷害致死」にも違和感

    2018-5-4社会中国
    JR吉祥寺駅(東京都武蔵野市)で口論の最中、中国籍の男に電車に接触させられ重体となっていた会社役員の男性(65)が2日に死亡していた。警視庁は傷害容疑で逮捕した中国籍の調理師、代強容疑者(38)(埼玉県春日部市)の容疑を傷害致死に切り替えて捜査。ネットでは「殺人未遂から殺人へ切り替えだろう」や、重大事件にもかかわらず大きく取り上げないマスゴミに「中国に忖度か」などと違和感の声。

    記事を読む

    【中国大手ネット通販】買い占められた「ロリーナ」出品 3割以上の儲け=京都高島屋「予定通り引き渡す」

    2018-4-3社会中国
    京都高島屋で受注販売された100体限定のスーパードルフィー「ロリーナ」が1人の男に買い占められた事件で、この人形が中国の大手ネット通販サイトに出品されていることが判明。 コメントには「京都高島屋限定」とあり、価格は9680元。日本円に換算すると約16万円で、取引成立すれば3割以上の儲けとなる。それでも京都高島屋は「転売目的かどうか確認できない。契約も成立してしまっている」として予定通り5月に引き渡すという。専門家は「今回、購入時にかなり怪しい状況があったようにも聞いていますので、もし本当に転売の目的の人が来たと、一人2個の制限を実質超える人が来た、『あなた、おかしくないですか』と制止するのも現場では大事」と、京都高島屋の対応に問題があったと指摘。5月には日本橋高島屋(東京)でも受注販売を予定しているが、ネットでは不買運動を呼び掛ける声も…。

    記事を読む

    【制御不能】中国「天宮1号」落下、午前9時半頃か…人にぶつかる確率「1年間に雷に打たれる確率の1000万分の1」

    2018-4-2中国
    制御不能になっている中国の宇宙ステーション実験機「天宮1号」に関し、アメリカの宇宙事業会社は突入の時間を日本時間の2日午前9時半ごろと予測。誤差は前後2時間程度あるというが、ESA(ヨーロッパ宇宙機関)が公表した天宮1号が落下する可能性のある地域には日本も含まれている。ただ、大部分が燃え尽きるとみられていて、ESAは破片が人にぶつかる確率は「1年間に雷に打たれる確率の1000万分の1」で、極めて低いと説明。

    記事を読む

    【尖閣危機】中国共産党、海警局部隊を軍指揮下の武装警察傘下に=マスゴミ「モリカケ!」

    2018-3-22政治中国
    中国共産党は政府の機構改革で、沖縄県の尖閣諸島沖合で日本領海への侵入を繰り返している中国海警局の部隊を、中国軍の指揮下にある武装警察の傘下に置く方針。武装警察は最高軍事機関である中央軍事委員会の指揮下にあり、人民解放軍海軍との連携強化も可能となる。尖閣諸島周辺でパトロールを行う海上保安庁は厳しい対応を迫られることになるが、野党もマスゴミも森友問題で「安倍辞めろ!」の大合唱…。

    記事を読む

    ブログ概要
    社会・経済を中心に気になるニュースのまとめブログです。掲載の引用記事及び画像の著作権は、各権利所有者に帰属しております。問題がある場合はお手数でも、下にある[メッセージ]からお願い致します。確認後、早急に対応させていただきす。相互RSS・相互リンクも募集中です。不適切なコメントは削除させていただきますのでご理解下さい。
    にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ニュース)へ


    サイト内検索


    最新コメント


    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    アクセスランキング
    Copyright © NEWS GEISPO All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

    • ライブドアブログ