【金曜ロードSHOW!】京アニ制作『聲の形』が登場 京アニ品質の繊細なテーマと描写

京アニ制作の映画『聲の形』(2016年)が、日テレ系「金曜ロードSHOW!」(2020年7月31日)で全国放映。元ガキ大将の主人公・将也が、聴覚障害を持つ転校生・西宮硝子とのある出来事を機に孤立していく小学生時代。そして高校生になった彼らの再会と、そこから展開される繊細な物語。aikoが歌う主題歌『恋をしたのは』も、過去の過ちや後悔を思い出し胸が締め付けられる。2019年7月18日の放火殺人事件で亡くなった、映画『聲の形』の制作スタッフはじめ、事件で亡くなった方々のご冥福を心よりお祈りします。

Photo:「聲の形」のビジュアル(C)大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会(MANTAN) 出典:MANTANWEB/yahoo 2020年07月10日

<聲の形>「金曜ロードSHOW!」で放送 5週連続アニメ特集で「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」も
出典:MANTANWEB/yahoo 2020年07月10日

(前略) 「聲の形」は、聴覚障害を持つ少女・硝子と、彼女へのいじめに加担していた過去を持つ少年・将也の孤独や絶望、愛などを描いた。劇場版アニメは「けいおん!」などの京都アニメーションが制作し、2016年9月に公開。第40回日本アカデミー賞の優秀アニメーション作品賞や第26回日本映画批評家大賞のアニメーション部門作品賞などにも選ばれた。女優の松岡茉優さんが将也の小学生時代、声優の入野自由さんが高校生の将也を演じ、早見沙織さんが硝子を演じた。[以上抜粋]











にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(政治・社会)へ
このエントリーをはてなブックマークに追加