【公務員天国日本】神戸市職労「ヤミ専従」事件 人事課指示で役所ぐるみ=長年の慣例

神戸市の職員団体「市職員労働組合」の幹部ら少なくとも十数人が、勤務時間中に不当に給与を受けながら組合活動などに従事する「ヤミ専従」を行っていたことが判明。また、市人事課が執行委員長のヤミ専従を「長年の慣例」として事実上容認していたことも判明し、市役所ぐるみだった疑いが強まった。市は地方公務員法の職務専念義務違反にあたる可能性があるとして近く幹部らを処分、不当に受けた給与について返還を求めることも検討するという。検討かよ…。

Photo:神戸・三宮の神戸市役所 神戸市 2018年09月19日

役所ぐるみか 神戸市職労のヤミ専従疑惑 人事課が指示
出典:産経WEST 2018年09月19日

(前略)市によると、藤原直彦執行委員長は就任した昨年3月以降、組合活動のため職場の住宅都市局に週1~2回の短時間だけ出勤し、今年4月に経済観光局に異動後も午前中のみ勤務。しかし、給与は終日出勤したとみなして減額されず、組合活動で職場を離脱する際に必要な内部手続きも月に数回しかしていなかった。

 また、藤原執行委員長が経済観光局に異動する前、人事課係長が同局の総務担当者に「午後から組合活動が想定されるが、手続きはできる範囲でいい」との指示を出していた。人事課幹部は取材に「職員団体との協議でこのような運用が長年の慣例だった」と釈明し、ヤミ専従が市役所ぐるみで長年続いていたことを半ば認めた。

 市は弁護士でつくる第三者委員会を設置して調査を始めている。藤原執行委員長は「第三者委の調査の中で、私の思いを述べていきたい」とコメントした。 [以上抜粋]



コメント元: 【神戸市職労ヤミ専従疑惑】 市役所ぐるみか!?人事課が指示

ネットの声





1: 名無しさん
こんなことしているから”しょせん公務員””駄目な公務員””首にならない公務員は気楽でいいな” などなど 誉め言葉でもない 悲しい言葉が市民から出るのだ

これは一市町村の問題ではない
全国の公務員が同じように 一般市民から投げかけられる視線は 同じ公務員全体に注がれています。

2: 名無しさん
神戸は特別採用枠もあるし闇が深い
一気に浄化してほしい

3: 名無しさん
左翼というのが役所においていかに重用されているか
そういう現実を明らかにしてくれただけでもこの事件は意味がある

4: 名無しさん
とにかく公務員はナアナアで組織ぐるみで悪さするのが本能みたいなもんだ。給与は税金から出るから、民間企業の様に売上高がどうの利益がどうのと給与の原資についてなんら心配する必要はないもんな。

5: 名無しさん
これは何らかの罪に問うべき。
それとは別に
公務員の給与は年収で3割から4割下げるべき。

6: 名無しさん
権利を与えたら悪用する
愚民の頂点やな

7: 名無しさん
こんなんでも奈良よりはマシなんだな

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(政治・社会)へ
このエントリーをはてなブックマークに追加