【永遠の33歳】“浅見光彦”の内田康夫さん死去 未完「孤道」次代に託す

映画化もされた「天河伝説殺人事件」(主演・榎木孝明)をはじめとした“浅見光彦シリーズ”や“信濃のコロンボシリーズ”で知られる作家の内田康夫さんが敗血症のため死去。浅見光彦は警察庁刑事局長を兄に持つフリーのルポライターで、年を取らない永遠の33歳。トヨタの高級スポーツクーペ・ソアラに乗り、全国各地の難事件を解決する名探偵。TVドラマ化もされ、水谷豊、榎木孝明、沢村一樹、中村俊介(敬称略)らが浅見光彦役を務め人気となった。

Photo:作家の内田康夫さん=2014年、竹内紀臣撮影 [毎日新聞/yahoo] 2018年03月18日

<訃報>内田康夫さん83歳=作家、浅見光彦シリーズ
出典:毎日新聞/yahoo 2018年03月18日

(前略)  東京都北区出身。東洋大中退。テレビCM制作会社を経営していた1980年、自費出版したミステリー「死者の木霊」が編集者、評論家らの注目を浴びて作家デビューした。3作目「後鳥羽伝説殺人事件」(82年)で浅見光彦が初登場。「天河伝説殺人事件」(88年)「氷雪の殺人」(99年)など、警察庁刑事局長を兄に持つルポライターで年を取らない永遠の33歳、愛車ソアラを転がして全国各地で起きる事件の謎を解くキャラクターが愛された。「孤道」(未完・2017年)までシリーズ114冊、累計発行部数9700万部という人気を獲得。相次いでテレビドラマ化された。

 他に信濃のコロンボシリーズ(83年の「戸隠伝説殺人事件」など)、岡部警部シリーズ(82年の「『萩原朔太郎』の亡霊」など)、歴史小説「地の日 天の海」(08年)。旅情ミステリーの第一人者と言われ、ユーモアから歴史ロマン、社会性まで含む幅広い作風で知られた。「明日香の皇子」(84年)、「江田島殺人事件」(88年)、戦争小説「靖国への帰還」(07年)などでは反戦、自由を訴え現代社会への警鐘を鳴らした。

[抜粋]

内田康夫さん死去 未完「孤道」 次代に託す
出典:毎日新聞 2018年03月18日

(前略) 2014年の「遺譜」は、「永遠の33歳」である浅見が34歳になった設定で最後の事件に挑んだ。続いて毎日新聞で連載していた「孤道」は、33歳に戻った浅見シリーズの再開作だった。病のため中断したが、藤原鎌足の出自の謎に迫る壮大な歴史ミステリーになるはずだった。内田さんの発案により完結編を募集中で、「新しい才能を世に送り出す手伝いをしたい」と応募作に期待を寄せていた。小説を休筆後は、夫人とともに「夫婦短歌」を発表していた。【内藤麻里子】 [以上抜粋]




コメント元: 【訃報】内田康夫さん83歳=作家、浅見光彦シリーズ

3: 名無しさん@1周年 2018/03/18(日) 05:09:10.91
軽井沢のセンセか

5: 名無しさん@1周年 2018/03/18(日) 05:10:54.29
康夫ちゃんいつの間に80過ぎた?と一瞬びっくりした

10: 名無しさん@1周年 2018/03/18(日) 05:13:12.06
これはびっくり
日本小説会の重鎮ではないか
極上のエンターテイナーを失った悲しみは大きい

故人のご冥福をお祈り申し上げます

11: 名無しさん@1周年 2018/03/18(日) 05:14:08.25
小野不由美は早く十二国記を片づけてくれ
こんなニュースを聴くたびに不安で仕方なくなる(´・ω・`)

14: 名無しさん@1周年 2018/03/18(日) 05:17:46.68
うわあショックだな
両親がこの人のファンで書棚に200冊以上あったから
俺も読んでたわ
悲しいな

19: 名無しさん@1周年 2018/03/18(日) 05:22:52.77
軽く見られがちな作家だけど、あれだけ要領よく観光要素とミステリ要素をミックスし、
読みやすくまとめるのはそれはそれで高等な技術だったと思う。

20: 名無しさん@1周年 2018/03/18(日) 05:24:12.21
訃報を知った本屋さん

「こりゃ大変だ。各出版社が追悼フェアと称して、大量の在庫文庫本の展示を求めてくるぞ。
ただでさえ棚が狭くて困っているのに・・・何! 普段本屋に来ない方々から大量の問い合わせだと!?
よし、今のうちに黄ばんだ昔の文庫本を大量に売りさばいて一気に利益を上げるぞ!」

118: 名無しさん@1周年 2018/03/18(日) 07:11:01.54
>>20
実際そうらしいな
元書店員の有栖川有栖が作中で言及してた
『◯◯先生が亡くなられたんで驚きました、それでどんな本を書いてらしたの?』みたいな客が来たりするんだと

135: 名無しさん@1周年 2018/03/18(日) 07:22:47.79
>>118
松嶋尚美は、車で移動中に司馬遼太郎の葬儀に遭遇。
同乗者に大阪出身と聞かされて、地元が一緒だと興味を持ち
読み始めたらはまってしまい、
鶴瓶に、「幕末維新の著名人を言い合いしよう」などと
言うようになった

何がきっかけになるかわからない

23: 名無しさん@1周年 2018/03/18(日) 05:26:56.56
マジかよ浅見光彦シリーズもう新作なくなるのかよ

25: 名無しさん@1周年 2018/03/18(日) 05:32:59.15
ショック○| ̄|_

おまいらはどの光彦がいい?
辰巳もいいし沢村もいい。
昔、水谷豊もやってたんだな
中村俊介かな一番は

80: 名無しさん@1周年 2018/03/18(日) 06:24:23.53
>>25
中村に一票
最近テレビやらないなー

89: 名無しさん@1周年 2018/03/18(日) 06:35:25.16
>>80
BS―TBSやフジでしょっちゅう再放送やってるよ
俺は朴訥な感じの沢村がいいな

133: 名無しさん@1周年 2018/03/18(日) 07:21:31.22
>>25
榎木孝明も光彦やってたよね
中村俊介んときのお兄ちゃんのイメージが強いけど

152: 名無しさん@1周年 2018/03/18(日) 07:36:40.35
>>25
中村俊介だから、ずっと観てきたけど、再放送で観た火サスの水谷豊版も良かった。最低は高嶋政伸版。

悲しいなあ、お疲れ様。

165: 名無しさん@1周年 2018/03/18(日) 07:47:13.62
2年前の夏樹静子さんといい、ドラマでよく観る作家が亡くなるのは悲しい。

167: 名無しさん@1周年 2018/03/18(日) 07:49:26.16
浅見光彦ファンクラブと言うのがあってだな
光彦と同じ旅をするイベントをしてた

168: 名無しさん@1周年 2018/03/18(日) 07:51:07.27
まじかよ、もうソアラで出てこないのか

172: 名無しさん@1周年 2018/03/18(日) 07:55:44.82
>>168
TOYOTAのせいだな

169: 名無しさん@1周年 2018/03/18(日) 07:52:47.64
金田一の現代版って感じだったけど横溝よりさらに文学性がないかるーい流行作家だったが赤い靴はいてた女の子~だったか横浜港のやつとか浅見光彦シリーズよく読んだわー。
面白かったですよ。
R.I.P.

170: 名無しさん@1周年 2018/03/18(日) 07:53:42.24
浅見光彦最後の事件の出版前ぐらいだったかな、テレビで見たけどこんな高齢だとは思わなかったな
新作書いてたのか知らなかった
残念です

176: 名無しさん@1周年 2018/03/18(日) 08:01:28.29
ご冥福をお祈り申し上げます。

平塚亭は「おかしな刑事」にも出てくるけど
団子の味は普通だった

180: 名無しさん@1周年 2018/03/18(日) 08:05:24.90
軽井沢は作家さんに人気があるのかね?
浅田次郎先生も軽井沢在住だよね。


遺譜 浅見光彦最後の事件 上 (角川文庫) [ 内田 康夫 ]
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(政治・社会)へ
このエントリーをはてなブックマークに追加